2018年9月よりサイトのメンテナンスをしています

生後36日目 – 顔にブツブツ、酸っぱいにおいがする(乳児湿疹)

生後36日目。
1週間くらい前から、顔にぶつぶつが目立ちはじめ、顔を近づけると酸っぱいにおいがします。
これは乳児湿疹と呼ばれるらしく、生後1ヶ月あたりがピークなんだとか。酷くはなっていないので様子をみているところです。

顔にできたブツブツ

湿疹

ほっぺに軽くブツブツが出来たり治ったりを繰り返しています。
顔の皮膚もザラザラです。

このブツブツが顔にできはじめたくらいから、赤ちゃんの香りとお乳の香りを漂わせていた次女から、酸っぱいにおいがするようになりました。

入院中に赤ちゃんは皮脂の分泌が多いというのを聞いていて、へぇ~!と思ったのですが、このブツブツもそれに関連しているのかな・・・。
スキンケアについて書かれているのも見たけれど、産院の指導ではせっけんのことはあまり話題になっていなくて、顔は沐浴のはじめにガーゼで汚れをふき取る程度くらいしか聞いてなかったなあ。

ネットの情報では「せっけんで洗い→保湿」というのもあったり、新生児ニキビは「せっけんで洗い→クリームつかわなくていい」とも書かれていて混乱。私は違いがよくわからないよ。どうしたものかな・・・。
肌に負担が少なそうな、肌に合うやさしいタイプの石鹸で洗ってあげられるといいんだけど。

長男の肌の話

長男は、生後5か月ごろを過ぎても、ほっぺたのぶつぶつが続きました。
ほっぺたにぶつぶつができたりやんだりを繰り返しているので、小児科の先生にも相談しました。
首も赤くなったり治ったりを繰り返しているので、はやく落ち着くといいなあと思っています。